ねぶた

ねぶた祭りは地域の祭りです。
青森市の「ねぶた」、弘前市の「ねぷた」、五所川原市の「立佞武多」が有名ですが、そこだけで行われているわけではありません。
津軽地方や下北地方の各自治体、また能代市など秋田県の一部でも行われています。

「ねぶた(nebuta)」と「ねぷた(neputa)」

ねぶたとねぷたは何が違うのか。
津軽以外の方は誰でも疑問に感じるかと思います。

青森市で行われるのは「ねぶた(nebuta)」
弘前市で行われるのは「ねぷた(neputa)」
五所川原市の「立佞武多(tachineputa)」はまた事情が違うのですが、発音は「ぷ(pu)」です。

昔はどうだったかというと、1954年(昭和29年)の弘前市のポスターでは「弘前ねぶた(nebuta)」、1957年(昭和32年)の青森市のポスターは「青森ねぷた(neputa)」と書かれています。

実は、昔はどこの地域でも、両方使っていました。
その人の訛りによってねぶた(nebuta)だったり、ねぷた(neputa)だったりしたのです。今でもごちゃまぜに使っている年配の方もいらっしゃいます。

それが、弘前市は1957年(昭和32年)から「ねぷた(neputa)」、青森市は1958年(昭和33年)から「ねぶた(nebuta)」に定着していきました。
これは、青森市に本社がある「東奥日報」が「ねぶた(nebuta)」、弘前市に本社がある「陸奥新報」が「ねぷた(neputa)」に使い分けたからと言われています。

決定的になったのは、昭和55年(1980年)の国の重要無形民俗文化財に指定されたことでした。正式に登録されることになったので、それまでのようにどっちでもいいという訳にはいきません。そこで青森市ではねぶた(nebuta)に、弘前市ではねぷた(neputa)として登録されたのです。

他の市町村ではねぶた(nebuta)だったり、ねぷた(neputa)だったり様々です。
おおざっぱに分けると、弘前市に近い中津軽郡や南津軽郡はねぷた(neputa)で、他がねぶた(nebuta)かなというところです。

 

起源
起源
起源
青森ねぶた
弘前ねぷた
弘前ねぷたについて
写真 弘前ねぷた
五所川原立佞武多
  次へ

Page Top