弘前ねぷた祭りについて

弘前ねぷた祭りは弘前藩津軽家のご城下の祭り

青森ねぶた祭りが「凱旋ねぶた」と呼ばれるのに対し、弘前ねぷた祭りは「出陣ねぷた」と呼ばれます。
隊列を組み、「ヤーヤドー」と地響きのように声をあげて歩く様は、まさに出陣。
武士が合戦におもむくかの様な雰囲気です。

ねぷた祭りのあらゆるところに弘前藩津軽家に由来するものがあり、藩主と市民との強い結びつきが感じられます。

扇ねぶた
弘前ねぷた祭りは扇の形をした「扇ねぷた」が中心です。
これは初代津軽藩主、津軽為信公の幼名が「扇」だったことに由来しています。
青森ねぶた祭りのような人形のねぷたは「組ねぷた」といいます。

扇ねぷたも組ねぷたも、「開き」というチャーハンのお皿のような部分に乗っています。開きには必ず牡丹の花が描かれます。
津軽家の家紋、「杏葉牡丹」に由来しています。

牡丹の下には「漢雲」と書かれていますが、これは右から読むのが正しく「雲漢」。「天の川」という意味で、ねぷた祭りの起源の七夕祭りが由来です。

各部の名前
扇ねぷたはそれぞれの部分に名前がついています。
ねぷたの正面に描かれる武者絵を「鏡絵」
ねぷたの裏に描かれる女性の絵を「見送り絵」
裏の見送り絵のまわりの絵を「袖絵」
開きの下、雲漢と書かれた部分を「額絵」
表と裏をつなぐ厚みの部分を「肩」
扇の下の皿のような部分を「開き」
扇の一番上で折り曲げられるようになっている部分を「ため」

金魚ねぷた
ねぷた祭りでは子どもが手に持つタイプの「金魚ねぷた」も多く見られます。
この金魚は津軽オリジナルブランドの「津軽錦」がモデルになっています。
保育園や幼稚園でも作りますね。

掛け声
掛け声は運行中は「ヤーヤドー」。
終わって戻るときは「ねーぷたーのもんどりこ、ヤーレヤレヤーレヤー」

囃子
ねぷた囃子は3種類あります。
ねぶた囃子は運行しているときの「進む」
止まっているときの「休み」
祭りが終わって小屋に帰るときの「戻り」

運行について
弘前ねぷた祭りは市内の町内会、子供会、団体、企業など約80の団体が参加します。それぞれの団体が中心市街地に集まって一緒に運行するので合同運行と言っています。最初から最後まで見ようとすると2~3時間はかかります。

中心市街地から離れた地域や企業もあって、すべての団体が毎日参加するわけではありません。合同運行に参加せずに、それぞれの地域で単独で運行するところもあります。

青森ねぶた祭りと違って観光客がいきなり行って参加することはできません。団体によっては参加者を募集しているところもあります。

運行形態
合同運行の先頭は直径3.3m津軽情張大太鼓(つがるじょっぱりおおだいこ)で、その後に各団体のねぷたが並びます。他に直径4mの津軽剛情張大太鼓(つがるごうじょっぱりおおだいこ)、直径3.5mの弘前度天太鼓(ひろさきどってんたいこ)が運行しています。
※津軽弁で「驚く」ことを「どってんする」とか「どってんした」とか言います。

並び順
各団体内での並び順が決まっています。
1.先頭は町名や会社名が入った町印。
2.提灯や金魚ねぷた。
3.小さなねぷたや担ぐねぷたなどの前ねぷた
4.ロープを張ってねぷたを引っ張る曳き手
5.ねぷた本体
6.囃子

ねぷたのコース
日によってルートが変わり、土手町コースと駅前コース、最終日のなぬか日コースがあります。なぬか日は昼の運行です。
土手町で待っていても誰もこないなんてことにならないようご注意を。

 

起源
起源
起源
青森ねぶた
弘前ねぷた
弘前ねぷたについて
写真 弘前ねぷた
五所川原立佞武多
次へ

Page Top