起源~なぬか日~

なぬか日

昭和30年頃までは、旧暦の七月七日(なぬかび)を最終日としていました。
七月になり、日が落ちてあたりが夕闇に染まりだすと、人々は灯籠に火を灯し、
笛や太鼓を打ち鳴らしながら、街々を練り歩きました。そして、ナヌカビになると、
日中にその灯籠をを川や海に流していました。

新暦の現在は、七夕から一ヶ月遅れの八月七日をなぬか日として、弘前は八月一日、
青森は八月二日から祭が始まります。祭は夜に行われますが、なぬか日は伝統的に、
朝から始まります。そして、青森市のねぶたは夜になると、海に流すという思いを込め、
海上運行を行います。

ちなみに、秋田の竿灯や仙台の七夕も、この眠流しを起源としています。
竿灯は昭和の始めまでは、「ねぶり流し」という名称でした。
富山県滑川市では、七月三十一日に「ねぶた流し」が行われます。
紙や野菜で作った人形を、4mの松明に飾り付け、火をつけて海に流すという行事です。

ローソクもらい
北海道には、「ローソクもらい」という七夕の行事があります。函館は七月七日、
それ以外は一ヶ月遅れの八月七日に行われます。子ども達が灯籠や提灯を片手に、
歌いながら家々を廻って、ローソクを(今はお菓子)もらって歩きます。

歌詞は地域によって違いがあります。
札幌周辺「ローソク出せ出せよ、出さないとかっちゃくぞ」
函館「竹に短冊七夕祭り、大いに祝おう、ローソク一本頂戴な」
松前「ことしゃ、豊年七夕祭りよ、大いに祝おう、ローソク1本頂戴な、出さねばかっちゃぐど、
おまけにどっつくぞ」

さて津軽。
戦前、ねぶたの照明はローソクで、家々を廻りローソクをもらい歩く習慣でした。
その時に「今年豊年田の神祭り」とか「ローソク出さねばがっちゃくぞ」と言いながら廻っていました。
青森ねぶたの掛け声の「ラッセ、ラッセ、ラッセラー」はこの「(ローソク)出せ、出せ、出せよ」が
変化したものだと言われています。

 

 

起源
起源
起源
青森ねぶた
弘前ねぷた
弘前ねぷたについて
写真 弘前ねぷた
五所川原立佞武多
次へ 次へ

Page Top