さなぶり

虫送りやさなぶりは、かつては日本中で行われていた田んぼの行事です。

日本人は昔から米を作ってきました
5月~6月、親戚、縁者、地域の人達がみんな集まってで田植えをします。
今と違ってトラクターがあるわけではありません。みんなで腰を曲げて1本1本手で苗を植えていきます。田んぼによっては胸まで泥につかってしまうところもあって、大変な重労働です。
学校は「田植え休み」がありました。となりのトトロでお母さんのお見舞いに行ったときに、さつきが田植え休みと言っています。

さおりとさなぶり

田植えを始めるときに行う行事を「さおり」といいます。
田んぼの神さまを迎える祭りごと、神事です。

田植えが終われば、「さなぶり(早苗饗)」と言われる祭りです。
田んぼの神さまに無事に田植えが終わった感謝をささげ、豊作を祈願し、田植えの労をねぎらってみんなで宴会を催します。
さなぶりは田植えの後の楽しみになっていました。

「さ」

「さ」は田んぼの神さまのことを指します。
田んぼの神さまが降りてくるから「さおり」といいます。
さなぶりは「さ」が昇って行く「さのぼり」が訛ったものだと言われています。

田んぼに苗を植える女性のことを早乙女(さおとめ)といいますが、元々は田んぼの神さまに仕える女性のことです。
田植え始めというハレの日に、田んぼに来て頂く神さまに仕えるのです。

さおりとさなぶり
虫送り
津軽の虫送り
荒馬と太刀振り
奥津軽虫と火まつり
写真 奥津軽虫と火まつり
次へ

Page Top