津軽の虫送り

津軽独特の虫送り

津軽ではさなぶりに虫送りを行います。
虫送りはかつてはどこの集落でも行われていました。

今では五所川原市の「奥津軽虫と火まつり」や、旧相内村の「相内の虫送り」で大きな祭りとして見ることができます。
また地元の祭りとして行っている集落もあります。
虫送りとは違うのですが、今別町の「今別の荒馬」もさなぶりの祭りとして行われています。

※旧相内村は1955年(昭和30年)に相内村、脇本村、十三村と合併して市浦村に。2005年(平成17年)には市浦村、金木町、五所川原市が合併して新五所川原市になりました。

弘前藩の書物「永禄日記」には1627年6月、稲虫おびただしく虫送り行うと書かれています。他にも菅江真澄(1754年~1829年)の「遊覧記」や「外濱奇勝」にも書かれていることから、江戸時代にはすでに行われていたことがわかります。

虫と蛇と龍

津軽平野の田園を車で走っていると集落の入り口に「龍」を見かけます。
頭部は木で彫られ、胴体は稲わらで作られています。
この龍が「虫」です。

『虫』という漢字はそもそもは蛇の事を表す象形文字です。
蛇の事を昔は「ながむし」と言いました。
蛇や龍を水の神様として祀る、蛇信仰や龍信仰と相まっていると思われます。

「虫」は毎年新しく拵えます。
1メートル程度の小さいものから、10メートルを超える大きいものまで。大きい虫は集落の入口に安置し、小さい虫は水路に流します。

虫送りの日、主役の「虫」の山車を先頭に、太鼓、鉦、笛の「囃子」、「荒馬(あらうま)」、「太刀振り(たちふり)」の行列で集落を回り、五穀豊穣と無病息災を願います。

囃子に合わせて荒馬や太刀振りの跳人(はねと)が踊り、各家庭では家の前に酒やお菓子や料理用意して一行をもてなします。

集落を回って村の入り口に来たら、虫を安置します。
害虫や悪霊などが入ってこないように、守ってもらうのです。

さおりとさなぶり
虫送り
津軽の虫送り
荒馬と太刀振り
奥津軽虫と火まつり
写真 奥津軽虫と火まつり
次へ

Page Top